Latest Entries

今年も歩きます

093_20170725164610efe.jpg
 
大台ケ原と尾鷲市を結ぶ登山道「尾鷲道」
写真は尾鷲道から見た大蛇嵓と大峯山系の行者還岳。
今年も歩きます。
我こそはと思う方はぜひご参加ください。

野草咲く

オニユリ
       オニユリ

アキノタムラソウ花4
            アキノタムラソウ

夏真っ盛りの尾鷲市。
熊野古道センター周辺の里山では、オレンジ色の大きな花を
つける「オニユリ」や淡い紫色の「アキノタムラソウ」がたくさん
咲いています。
これは草刈り作業を続けることによって、絶えることなく維持さ
れる野草です。
何気なく見ている野草は、我々人の手によって守られている
ことを知ってください。

昆虫たち

今朝、いつも通りカブトムシたちのゼリーの空容器を片付けようとし
たら、一匹のメスがまだゼリーに頭を突っ込んで食事をしていました。

072201.jpg

いつも姿すら見えないので食事シーンはとても貴重。
もっとよく見たいという欲が出て、少しゼリーを指で動かしたところ、も
のすごい速さで土に潜っていきました…。
可哀想なことをしてしまったという反省と、そのゼリーは私が入れたや
つなんだからそこまで逃げることないだろうという納得いかない気持ち
で朝から複雑でした。

ナナフシはというと、今日も元気に葉っぱを食べていました。

072202.jpg

とにかく世話を焼きたくなる見た目をしているので、水槽のインテリアが
日に日に豪華になっています。

072203.jpg

右奥に見えているのは、別のスタッフが那智黒石を磨き、穴を空けて作
ったミニ花瓶です。
人間でもこんなの部屋に置いてある人あんまり居なさそうなんですが…。

ナナフシは持った感覚もまさに木の枝という感じで面白いです。

カブトムシもナナフシも長生きして欲しいですね。
それでは、また次回のブログで。

恐怖の10秒間

IMG_0413.jpg
 
調査に出かけたとある山中の林道。
カーブを曲がった瞬間、子連れのイノシシと遭遇。
途端に威嚇攻撃を受けた。たてがみを逆立て、今にも
突っ込んできそう。
熊がいつ出てきてもいいようにカメラはスタンバイO.K。
体を後ずさりさせながら、カシャ。
恐怖の10秒間でした。

擬態の新人

こんにちは。
今日の尾鷲は曇り気味でスッキリしないお天気です。

今朝、スタッフの一人がナナフシを捕まえて来てくれました。
傘立てにくっついていたそうです。

072002.jpg

葉っぱを入れてあげるとすぐさま寄ってきて、ムシャムシャと食べ始め
ました。
ナナフシといえば、例の完成されすぎた擬態能力から気味が悪いとい
うイメージが強かったのですが、こうして見ると可愛らしい。

072003.jpg

それにしてもこの姿…。
機動力や攻撃力をかなぐり捨て、擬態能力だけにステータスを振ったと
考えると納得のクオリティです。
写真だとますますどこに居るのか分かりづらいですね。
ちなみに上の写真では水槽の左側に寄りかかっているのがナナフシで
す。

072004.jpg

こちらは中央に写っているのが木の枝で、土の上にいるのがナナフシ
ですよ。
今日から開催している夏休みロビー展に居るので、是非遊びに来て下
さい♪

さて、明日から夏休みというお子さんも多いのではないでしょうか。
楽しい思い出を沢山作って下さいね。
熊野古道センターでも様々なイベントを計画しております。
ブログでもお伝えしていきますので、お楽しみに!

Appendix

プロフィール

熊野古道センター

Author:熊野古道センター
熊野古道センターは熊野古道伊勢路(紀伊山地の霊場と参詣道)の世界遺産登録を記念して建てられた新しいタイプのビジターセンターです。 展示や、ウォークイベント、体験講座など様々な分野で熊野古道や、東紀州を配信していきます。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR